新車には車両本体価格があり、中古車には相場価格がある

自分のクルマを売って新車への代替えを考えている人なら、新車ディーラーで下取りしてもらうのが一般的です。 最近は、大手買取の全国チェーンなどに持ち込んで、まず現金化してから目当ての新車を購入するケースが増えています。 その際、事前に、自分のクルマの相場価格をチェックしておくと、買取にも有利になります。

中古車の相場は、新車の人気、不人気も少なからず影響

中古車の相場は、銘柄、車種によって、変わります。 特に、トヨタや日産、ホンダといった銘柄で言えば、トヨタ銘柄が比較的、高めの相場になるのに比べ、その他メーカーは平均的な相場と言えるでしょう。 ただ、メーカーによっても、車種で相場が変わり、新車の売れ行き、人気車かどうかが相場にも大きく影響します。

バイクを売りたいとき、ネットを利用した買取が便利

バイクも、基本的には4輪車と同じで、自分のバイクを売りたいときに、個人間、オークション、買取などの選択肢があります。 ただ、バイクは、趣味性が高く、拘りを持ているオーナーも多いことから、バイクの独立した取引が行われています。 特に、大手買取店などがネット査定や出張買取など、便利な仕組みを提供しています。

クルマを売りたいとき、最初に中古車の相場チェック

新車を購入するとき、ディーラーのセールスから車両本体価格なるものが提示されますが、そのままの価格(車両本体価格)で購入する人は、恐らくゼロで、何%か値引きされるのが通常です。
メーカーの希望小売価格というものが新車には存在し、そのメーカーから仕入れてディーラーが販売するのですが、車種によって、人気、不人気、あるいはモデル末期など、それぞれの事情があって、新車であっても価格が変動(値引き)します。
一方、中古車は、新車時の車両本体価格から経年変化して、価格が下がるのが常識です。
では、中古車の価格は、どのようにして決められるのか、街道筋の中古車展示場に貼られている価格表の根拠を知りたくなるでしょう。
当然のことですが、中古車価格は、お店によって異なり、独自に値決めているものです。
しかし、車種や年式で、それほど大きく価格差が開くことがない理由のひとつに、中古車の相場というものがあります。
中古車相場は、全国で開催されているオートオークションの膨大な落札データから、銘柄、車種、年式、走行距離などを加味して、弾き出されるもので、買取業者には買い取り価格の算定基準にもなっています。
中古車は、1台1台で状態が異なるもので、一物一価と言われており、そこに取引の妙味があると言われています。
そして、中古車は、年数を経るごとに価値が下落しますが、一部の車種で年数が経ても下落幅が小さい、人気車種と言われるものがあります。