個人間、オークション、業者買取と選択肢が多い中古車&中古バイクの取引

バイクを売りたいとき、ネットを利用した買取が便利

買取依頼で修理歴など、隠さず報告

自分のバイクには、傷や破損などを含めて、思い出が詰まっているものですが、バイクの傷や破損はそのままにして、査定してもらいましょう。
仮に、買取ってもらう前に、傷や破損個所をお金を出して修理しても、査定時に修理にかかった工賃は反映されないため、損をすることにもなります。
また、事故・修理歴がある場合、最初に、正直に報告することで、査定評価作業もスムーズに進み、担当する査定員にもよい印象を与え、結果的に高く取ってもらえることも考えられます。
さらに、前もって、洗車をしておくことで、買取査定員の気持ちが大きく変わり、愛車を大事に乗っていたということを印象付けられるので、洗車は重要なメンテナンスになります。

カスタム車は、純正パーツを保管

カスタム車は、買取業者によって、異なりますが、高く評価される場合もあれば、思ったよりも安い評価になってしまう例もあります。
カスタムバイクの中には、車検を通らないものもあり、そうしたものはオーナーさんが車検を通すためにノーマルに戻す純正パーツを保管していると、カスタム車でも問題ない買取価格が付けられます。
業者にしては、カスタム車を高く査定する条件として、有名ブランドの部品を使用していることや度を越していないカスタマイズであることがあげられます。
特に、ノーマルの純正部品を持っていれば、カスタム車で売れなくても、ノーマルに戻した状態で売ることができるため、カスタマイズしたバイクを売るとき、ノーマル状態に戻せることが必須です。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ